CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
Shade 9 Basic for Windows


ジャッカス・ザ・ムービー 日本特別版 スペシャル・コレクターズ・エディション


素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き]
浅岡 省一

BlogQRCode
BlogQRCode
<< そんなアンケートありかよ! | main | プール工事・1130 >>
時間軸を考察する・1129                        
長いよ、引用も多いから覚悟(笑)

いやはや、まぢで、ちょー長いから
書くのも面倒だから最後まで書いてない
途中でリンクさせてるから
お時間のある時にでもどうぞ( ̄ー ̄; ヒヤリ


「ミニブロガーは人なつっこい?」
「SNSはお疲れ気味?」
〜NTTアド、SNSとミニブログの実態調査


ミニブログって何よ?って人はこちら


NTTアドは7日に、
「SNSとミニブログ」の利用実態に関する比較調査の結果を発表した。

 調査は、2007年10月12日〜16日に10代〜50代の
男女個人のSNS利用者を対象とし、SNS利用の変化と、
ミニブログの利用状況、利用者の友達意識などについて、
インターネットアンケート方式で行われた。
有効回答者数は443人
(SNS+ミニブログ利用者227名、SNSのみの利用者216名)。

 SNSは、ソーシャルネットワーキングサービスの略で、
mixiに代表される招待制のコミュニティサービスを指す。
一方ミニブログは、短文のメッセージや日記などを書き込む
簡易型ブログで、2006年秋アメリカで始まった
「Twitter(トゥイッター)」に続き、日本でも今年4月以降、
さまざまな企業がサービス提供を始めている。
ミニブログでは、サービス会社から提供される無料のホームページに、
参加者(ミニブロガー)は1行程度の短文を書け、
それに反応した会員がまたコメントを書くなどして、
サイト上で会話のようにやりとりをすることができる。
2つとも、現在のネットコミュニケーションサービスの代表格と言える。
利用者が716万人(総務省「ブログおよびSNSの登録者数」2006年3月発表)
を超えたSNSは、幅広い年齢層にまで利用が拡大したが、
「反応をやりとりするつきあいに疲れた」という
「SNS疲れ」といった言葉も現れており、
ミニブログが「SNS疲れ」した利用者への代替サービスとしても
注目されているという背景がある。

 まずSNSにおいては、利用頻度において全体の51.0%は
「変わっていない」というものだったが、
「減った」という回答も30.5%あり、
逆に「増えた」は18.5%に留まった。
今後については、「同じくらい」が全体の78.6%と大半ではあったが、
「減らそうと思う」は16.5%、「増やそうと思う」は5.0%となり、
減少傾向が増大傾向を上回った。

 その理由については、
「他人のページを見たときに記録が残る」25.6%
「ホンネを書きづらい」25.0% 「飽きた」23.8% 
「(熟考して文脈を伝える)文章を書くことが負担」21.9% 
「反応(コメント返信等)を期待されるのが負担」 20.6%
などが上位を占めた。
当初はSNSの特徴として喧伝された「足あとが残る」
「リアルな付き合い」といった部分が、
実際には読む側・書く側に圧迫感・負担感
(いわゆる“SNS疲れ”) を生んでいる様子が見て取れる。

今日の画像

今日の画像

 一方でミニブログの利用を見てみると、
閲覧も含めたミニブログへのアクセス頻度は、
「1日1〜2回程度」という回答が30.8%ともっとも多く、
平均1日1.75回で、SNSのみ利用者の平均1.96回をやや下回った。
ミニブログ利用時間については、「10分未満」が26.9%ともっとも多く、
次いで、「5分未満」19.8%、「15分未満」18.5%という結果であった。
ミニブロガーの平均利用時間19.5分/日は、
SNSのみ利用者におけるSNS利用25.0分と比べ5分以上短く、
よくも悪くも、短いメッセージでやりとりするミニブログの
特性が現れた結果と考えられる。
それだけ、サイトへの駐留時間が短いわけで、
今後ビジネスとしてミニブログに乗り出す事業者側にとって、
収益方法の確立などが工夫のしどころだろう。

 ミニブログの友達登録数は、平均15人で、
SNSの平均23人を大幅に下回る。
ミニブログに登録している友達の数は、平均15.3人。
男性平均11.2人に対し、女性平均は20.2人と、男性を大きく上回った。
SNSのみ利用者の平均登録数22.9人(男性23.9人 女性21.8人)と比べ、
ミニブログの方が男女ともに少ない。
利用経験(期間)の違いもあり一概には言えないところだが、
ミニブログは全体公開が基本であり、友達登録にこだわらずに、
気軽にいろいろな人とコミュニケーションを行っている
可能性が高いとしている。
また普段ミニブログをどのように利用しているのか
質問した結果(複数選択)、
「トピック(日記・記事)を書く」75.3%
「人のトピックを読む」64.8%などが主な利用法として浮かび上がった。「書く」ことが「読む」ことを上回っていることから、
ミニブロガーは、自らが積極的に話題提供することで、
コミュニティへの参加をはかっている様子が伺える。

今日の画像

今日の画像

ネットコミュニケーションサービスの代表的機能である
“友達登録”について、
SNSのみ利用者との回答差が大きいものは
「面識はある(会って会話をしたことがある)が
本名は知らない関係も友達」と考えるミニブロガーは24.7%で、
これはSNSのみ利用者の値を大きく上回った。
逆に「意見や苦言をしてくれる」(差16.1%)
「悩みの相談ができる」(同14.9%)
「励ましてくれる」(同14.4%)
などについてはSNSのみ利用者の回答率がミニブロガーを大きく上回った。

今日の画像

「ネットで繋がっているだけで“友達”と感じるが、
心の中にまで深く関わることは避ける
そんなミニブロガーの“社交術” が見えてくるのではないだろうか」
と調査結果は結ばれている。ただ、これについては、
「SNS」と「ミニブログ」の持つ性格自体の違いもあるし、
“使い分け”という意識がユーザ側にもあるので、
一概には言えないだろう。匿名性の高低差といった点もある。
今後、両者を融合させたサービスが出てくることも十分に考えられるから、
そういった時点で利用者意識がどう変化するかが注目だと言える。


さて、濱野智史の「情報環境研究ノート」をご存知だろうか?
非常にスパッと辛口に斬るので少し有名ですが
彼のblogの中にも上記の事に触れてる部分があるので
ご興味がある方はお読み下さい
あまりに長いので引用は致しません、悪しからず(汗)

【同期性考察編(1)】
インターネットというのは、
「非同期的」で「繋がりの社会性」を増幅するがゆえに、
拡散するメディアである。


【俺なりに考える】

情報化社会と言うものの存在感や価値観の推移かと思う
情報化社会=ネット社会になりつつある?なってる昨今
随時進化して、分進秒歩で進んでいく

インターネットと言う言葉さえももう古く感じさせる
Websiteと言う情報源はエロから始まり最終形に近付く
それはインフラの整備も勿論そうだけど
当初は国家的プロジェクトから
発端したと言っても過言ではない部分だ
(アナログ→ISDN→ADSL→FTTH)

人の求める情報に当然ビジネスも追従するのは必然
鉛筆と紙切れに記していた社会では
新聞や雑誌が広告媒体になりえた
また書籍もその一つには違いないだろう
今はTVさえも見なくなってる

かつてこのblogでもそんな事を書いて来た
WEBLOGもその一つ、2001年から始まったこの手法
セプテンバーイレブン、そこから始まった
忌まわしい過去が創り上げたシステムでもあった
上記の通り、それもまた時代が淘汰していくのかも?

時代の流れは分進秒歩
Website、blog、SNS、ミニブログ
Youtube、ニコ動、SecondLife

2007年も残りひと月になった
2008年はどうなってるだろう?
そんな事を考えてみた

結局は「人」がいないと面白くない?んじゃなのかな?






| IT-challenge | 15:12 | comments(2) | trackbacks(0) |
COMMENTS
んー。

一部の先行して取り込める人たちと、それに振り回される人の図のような感じかなー。

主流的な要素よりもブームって程度に感じますし、国民性としてはSNSに向いていないのかも。

結局は、「人」とどうつながるか、「人」がみえるかどうか。

そうかー、オレってアナログ(爆)
| torimie | 2007/11/30 4:57 AM |
>torimieさん

このエントリーにコメントするのは
torimieさんくらいしかいないと思ってましたw

>「人」とどうつながるか、「人」がみえるかどうか。

全くおっしゃる通りですねー
コミュニケーションツールの変化と言うか
随時進化し続けるものへの執着と言うか
使ってるのは「人間」ですからね
そこは普遍のものである訳ですから(笑)

上手に取り組んで行けばこんなに便利なものはない
みなさん、生活の一部になるまではそれを認めないだけ

端的に言ってしまうと簡単な事が多く
手紙?書きませんよね?
年賀状って印刷しちゃってますよね?
本読んでますか?新聞読んでますか?
ノートって書きませんよね?鉛筆削りますか?
まして、墨をすって筆を洗い、和紙になんて書きません
分厚いシステム手帳持ってますか?
カーボン紙って使ってます?コピーっすよね?
公衆電話使いませんよね?ポケベル持ってますか?
電話帳って使ってますか?住所録はどうでしょう?

大衆の生活に馴染んでしまったモノは
当たり前に取り入れられ
格段に良いコミニュケーションツールになりえる
一番最初に取り入れようとした人は必ずいます
そこには、必ず「人間」が介してるものです

論点がずれますが、最初?って考えると
エビとか蟹とかタコとか、まぁ、魚介だけじゃないけど
最初に食ったヤツって凄いと思います(笑)


>オレってアナログ(爆)

うはは、いや、デジタルでしょw
ただ、アナログも必ず共存してるんですw
それは「人間」だから!!!
| 太郎丸 | 2007/11/30 2:57 PM |
COMMENTS









TRACKBACK URL
http://blog.taromaru.net/trackback/612871
TRACKBACK
 
//------------スクリプトココまで //------------スクリプトココまで