CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
Shade 9 Basic for Windows


ジャッカス・ザ・ムービー 日本特別版 スペシャル・コレクターズ・エディション


素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き]
浅岡 省一

BlogQRCode
BlogQRCode
<< 中島ちゃん | main | カマハルコンバット >>
moblog
ようやく何とかmoblogが出来るようになりました
以前から新規エントリーなどは携帯から出来るようにはなってました
画像をmoblogで投稿出来ないかと方々を探し回っていたのですが
この度テストも確認致しまして正常に動作確認が取れました
サーバー側にインストールするモジュールのバージョンが合わなかっただけのようです(汗)
たったそれだけの理由だったのですが見つけ出すまでに結構掛かりましたね
昨日もそんな話を森さんと話していたばかりだったのですけど
ひょんな所からの情報を見つけることが出来まして動作確認が取れて良かったです
元々画像をUPしないblogですのでそれ程活用するのかどうかは疑問ありますけど(笑)
まぁ釣行実況や呑み屋のメニューくらいはUP可能かなぁ〜^^
そんな訳で一応ご報告までに記しておきます
サーバーインストールblogも自由が利いてオリジナル性が出せて結構ですが
なんじゃかんじゃと自分で設定などしないといけませんので厄介ですね
簡単に済ませるのならポータルWebsiteのレンタルblogがお薦めなのかも知れません


設定手順などを以下に記載

moblog導入の手順を各サイトにて情報提供をしてる現状ですので
重複した設定の手順など不必要なのかも知れませんがここでも載せておきます
MovableTypeを携帯電話などからのメールで更新する方法についてになります

携帯端末から更新しているWeblogのことをMoblog(モブログ)というようです
MovableTypeの基本機能としては、この機能は付属してませんので
自分で後からプラグイン等を足して改造するしかないです。

dh's memorandaのひらたさんが個人サーバーで
提供しているmoblog mail gatewayを利用
moblog.uva.ne.jpさんで、メール更新用のアカウント(無料)をもらって、それを使うことです。
ひらたさんが個人サーバーで無料提供して頂いてるサービスになります、開発に感謝です
MovableTypeの開発者でもあり、標準ハンドブックの作者でもあります

moblog.uva.ne.jpさんは試運転中で、使い方マニュアルとかが、ありません
サポートはひらたさんがしてくださるのですが公式のレンタルサービスではなく
個人の方のご厚意で運営されているものなのでTBされてる方のblogや
コメント質問したりしてる方のblogを参考にするのが早道になります

既に携帯からの投稿や管理に関しては大鉄さんが開発してくれましたMt4iを導入し
テキストの投稿や管理などは出来る状況になっておりましたが
携帯画像を新規エントリ出来ないかと今回設定をして見ました

BASE64.pmをダウンロードする
ファイル名は「MIME-Base64-●●.tar.gz」、●●の部分は数字です
バージョンを示しています、自分はVer2.13をダウンロードしました

ダウンロードしたファイルを解凍して、出てきたファイルの中の「Base64.pm」だけを
サーバーにアップロードする、置く階層は、「mt/extlib/MIME/」の下です
MIMEというディレクトリはありませんので自分で作ることになります

注)Base64モジュールのVer.が合わなかった事で当初上手く設定できなかったようです
最新版のVer.3.01を自分のサーバーにアップロードしていたのですが
どうもこれが上手くいかなかった原因のひとつだったようです
ちなみに私の借りてるサーバーはロリポップになります
変更をしてVer.2.13をアップロードすることで解決しました

MovableTypeで、メール更新専用のアカウントを作る
パスワードなどが万が一漏れてしまった場合に、MTを乗っ取られないようにする為です
ここでも注意点はMovableTypeに新たに携帯用のユーザーを登録することですが
「エントリーする」「画像UPする」「サイトの再構築」を可能なユーザー
に設定するのがポイントになります、投稿を許可するユーザーって事ですね
この辺りの説明に関しては我流さんのWebsiteが非常に参考になります

moblog.uva.ne.jpさんで新しいアカウントを作る。
「Create new account」っていうリンクが、新規作成。

email:自分のメールアドレス。携帯のでなくてもいい
blog更新用のパスワードつきメールが送られてくるので
間違えて他人のを書いたりしないように
moblog URL:メールで更新したいMobableTypeのアドレス「http://〜/mt.cgi」まで書く
username:メール更新用にMovableTypeで作成したアカウントのユーザー名
password:そのユーザーのパスワード
項目を埋めたら、一番下にあるNEXTボタンを押す

問題なければ、これで完了だけになりますがテンプレートを改造している場合などに
mt.cgiの情報をうまく取得できないことがあるらしいです
次にまた似たような入力フォームが表示されてきます
そのフォームの一番下にある項目に自動的にmt.cgiのURLを「http://〜/mt.cgi」
と記入されるので「http://〜/mt-xmlrpc.cgi」に変更する
ここで「/(スラッシュ)」などの重複の無い事などを入念に確認をして送信する

次は、Entryの設定
Email Setting:更新用メールの送信先を決める、方法は二種類になります
「name-at-domain.com-*******@moblog.uva.ne.jp」の*******の部分に
更新用メールのパスワードを記入、これはMTにログインするためのパスワードとは
違うもののほうが良い(メールアドレスからパスワードが漏れてしまった場合に
ここの設定を変えるだけで対処できると言う理由からです

もう一つの選択肢は、数字と英文字の組み合わせられているほうで
これは長いメールアドレスにメールを送れない環境の携帯電話などから
使用したい場合に選択する。(機能は同じだが、短いアドレスがいい人用の選択肢)

weblog:記事を投稿したいウェブログを選択(自分の運営のblogになりますね)
category:投稿したいカテゴリー(moblog)
上記はMovableTypeの方で新しいカテゴリを新期に作りました
image-archive path :メールに添付した画像が置かれるディレクトリを指定
image site path:画像置き場のURL、画像のURLをMTが作成する時に使う用
template:メール投稿した記事を配置するためのタグ(空欄で大丈夫)
image template:添付した画像を記事に配置するときのIMGタグ。(空欄で大丈夫)
Publish:メール投稿した記事を「公開(Publish)」にするか「下書き(Draft)」にするかの選択
Public?:この機能の配布元、moblog.uva.ne.jpさんのトップで
新着記事リストに載せていいかどうかYes!を選択すると載るNoなら秘密と言うことになります
上の設定を全部チェックして、「SAVE」ボタンを押すと
メール更新用のメールアドレスを表示した画面に移動し
最初に記入した自分のメールアドレス宛に更新用メールアドレスを書いたメールが届く
このメールに返信すると、指定したWeblogに記事がEntry(投稿)される

上記の画像の置き場の階層の設定なども注意が必要です
「/(スラッシュ)」の付け忘れなどでも画像を認識せずに×マークになってしまいます
自分の場合の設定方法だと以下の通りになります、ご参考に
image-archive path :/image
image site path:blog/image

上記で設定が完了してると思いますので携帯端末から動作確認してみて下さい
他、添付した画像がアップロードされない。画像を添付しているとEntryが無視されることや
同じ画像が重複してアップロードされる。などなどの障害が起きることがあるようです

また、全ての携帯端末から利用可能というわけではないようです。
自分はNTT DOCOMO N900iS FOMAから投稿してテストしましたが使えるようになりました

上記数箇所にて設定に苦労致しましたが多くのWebsiteに助けられましたので
この場をお借りして皆様に感謝したいと思います

特に我流さんのWebsiteには画像付きの説明でお薦めだと思います
MovableTypeでmoblogを検討されてる方はご参考にされたら良いと思います

長くなりましたが、設定の手順など記しておきます<(_ _)>
| moblog | 19:15 | comments(2) | trackbacks(0) |
COMMENTS
無事に動いて何よりです!
更新楽しみにしています!

| 我流 | 2005/04/27 11:58 PM |
〉我流さま
ご教授頂き有難うございました
さすがに些細な事とは思いますが見つけるまで苦労致しました
何とか動作確認が出来て安心したところです
たいした使い方出来ないかも知れませんが活用したく思います!
トラバすれば良かったのですが時間が一杯一杯で気が利かなくてすみませんでした

| 太郎丸 | 2005/04/28 12:12 AM |
COMMENTS









TRACKBACK URL
http://blog.taromaru.net/trackback/128012
TRACKBACK
 
//------------スクリプトココまで //------------スクリプトココまで